強風の日は旗を降ろします

お店の旗は、来店されるお客様の目印ともなるので、できるだけ掲げておきたいです。

 

しかし風になびくとこのような有様に。

 

みっともないし、危ないのでさげます。

 

ピンと張っていて、穏やかに揺れれば素敵なのに、煽られて偏ると美しくない。

これは人の体にも言えることかな~なんて思ったり。

 

皆さん疲れ切っていませんか?

本当に疲れている時は、目を開けるのさへきついと聞きます。

 

頑張り過ぎてしまう方には、「定期的にケアすることをお勧めします」。

頑張り過ぎな方は、疲れを溜め込みすぎて感覚もマヒした頃に来店されると、施術者と感覚ミスマッチが起きやすくなります。それにご本人の体にも相応の負担がきます。(体が軽く感じる方がほとんどですが、かえって重く感じる方もいます)

 

ご自分の体の平常化を求めるなら、それなりの休息やケアが必要です。ですから、半強制的にでもご自分の為にリフレッシュタイムを設けて欲しいというのが、現場からの声です(笑)